Eye Moving Sights  --
微速度撮影してみました。

windmarks windmarks.dtiblog.com

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

D4  14bitAD変換(12/01/07)

2012-01-07 Sat 20:03:53

iso-bit 
 あるメーカーの”フラグシップ”と言われるカメラの発売の発表がありました。 
 
 記事中、AD変換が14bitとありましたので、仕様のISOに有効bitをアサインしてみました。
 (これは個人的な推測であって、メーカや商品と無関係です。)

常用1万2800ということですが、6bitとれますので、うまくいっているのであれば、ノイズの少ない星空が2〜3秒で撮れるかもしれません。

街の灯りが見える場所では、標準レンズでも空が真っ白(白トビと言います、)になる心配をしなければならないかもしれません。
普通は太陽光のもとで注意する事ですが。 。。  
  

う〜ん、。。。我々「民衆」が議論する範囲を超えてしまった?。


ところで、撮像のbit(ピクセル?)数は1.6Mということで、あえて増大させていない印象があります。

その理由はもしかしたら、
・AD変換時間が延びたので、素子数を増やせない。
・ポスターを作るにも必要十分と判断。
・光センサ(フォトダイオード)の面積を小さくすると、特性が出ない。
などが考えられます。

いずれにしろ、行くところまで行ってしまった感じです。
オーディオでは「24bitオーディオ登場」を思い出しました。

今後、さらに何かするにしても、センサのサイズをもっと大きくして。。。、
そんな浮き世離れした展開は無い様な気がします。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら